くらやみらんぷ

くらくなったららんぷを灯そう。 *****アスペルガー夫を持つアラサー主婦のこんなはずじゃなかった七転八倒新婚ライフ*****

不倫と浮気|ドラマで英語【ジェーンザバージン|シーズン1 ③】

ネットフリックスでシーズン4まで配信中の

海外ドラマ「ジェーンザバージン」

 

英語学習者にはとてもおすすめ。

主人公ジェーンの英語はゆっくり目で

ヒアリングにちょうどいい。

 

 

 前回はメインテーマである「処女」について。

yukimimame.hatenablog.com

 

今回は「不倫と浮気」にまつわる英語を

取り上げてみようと思う。

 

 

不倫と浮気は、このドラマに限らず

どのドラマにも出てくる永遠のテーマ。

 

もちろんドラマの世界だけではなく、

我々の現実世界でも身の回りに起こる。

 

私も不倫したり、浮気したり、

浮気されたりしてきたし、

母親や友人や、誰をとっても話は尽きない。

 

 

でも中学、高校ではもちろん習わない。

単語帳に「不倫=affair」とは出てないし

期末テストに「浮気を日本語でなんという」

とは問われない。

 

 

なのでリアルな英語は自身で学ぶしかない。

 

 

 

今回は、不倫や浮気の色々な表現を

「ジェーンザバージン」を題材にまとめてみたい。

 

 

まず不倫と浮気の使い分けは、

英語ではそれほどされていない。

概念がないようだ。

 

 

 

下記4つに分けて表現をまとめてみた。

 

 

 

1. 「不倫/ 浮気をする」="have an affair with~" 

  ★堅めの表現

f:id:mameranpu:20180804102621p:plain

「ペトラはロマンザゾと不倫をしていた」

 

f:id:mameranpu:20180804102550p:plain

マイケルがペトラに「不倫を終わらせろ」

 

 

■affair【名】(アフェア)

 =「出来事・事柄」

   という固い言葉から来ているため

 =「不倫・浮気」

   という割と堅めの表現となる。

   スラングではない。

 

★フレーズ

 「不倫/ 浮気をする」というときは必ず

  "have an affair with +人" と表現する。

 

 

 

★文法:時制について

・今している最中なら

「現在進行形」be動詞+動詞に"ing"

 " Petra is having an affair with Zazo."

 「ペトラはザゾと不倫している」

 

・過去にしていたなら上記フレーズの

「過去進行形」be動詞の過去形+動詞に"ing"

  "Petra was having an affair with Zazo."

 「ペトラはザゾと不倫していた」

 

・過去の不倫や浮気を振り返るなら

 「過去形」"have" →"had"へ

 "Petra had an affair with Zazo"

 「ペトラはザゾと不倫したことがある」

 

 

 

2. 「不倫/ 浮気をする」="cheat on ~" 

  ★affair よりカジュアルな表現

 

f:id:mameranpu:20180804102530p:plain

レズのルイーザが浮気を発見して「妻に浮気されて、どこにもいくところがなくて」

 

 

話し言葉ではこの"cheat"がよく使われている。

 

■cheat【動】(チート)

 =「〜をだます」

   という言葉から発展し

 =「不倫する・浮気する」

   という意味となる。

 

★フレーズ

 「不倫/ 浮気をする」というときは

  "cheat on +人" と表現。

 

★文法

 上の文は「浮気された」過去の表現なので

 "cheat" →過去形の"cheated" を使う。

 

 

 

3.「寝る」="sleep with ~" 

  ★日本語と一緒。誰と寝たとか寝てるとか。

 

f:id:mameranpu:20180804102537p:plain

マイケルがペトラに「ロマンザゾと寝るのを終わりにしろ」

 

 

 

■sleep【動】(スリープ)

 =「寝る」

   という言葉から発展し

 =「不倫する・浮気する」

   という意味となる。

 

★フレーズ

 「〜と寝ている」は

  "sleep with +人" と表現。

 

日本と一緒ですね。

誰かと寝る=浮気・不倫という考え方から

言葉が生まれている。

 

 

★文法:時制について

 

・一度寝ただけという過去のこと

 →「過去形」"sleep" →"slept"(スレプト)

 

f:id:mameranpu:20180804102634p:plain 

「あなたは他の誰かと寝たんだよ、ポール」

 

これはジェーンザバージンではなく、

映画「噂のモーガン夫妻」での一場面。

浮気された妻役のサラジェシカパーカーが

一度浮気してしまった夫役のヒューグラントに

言うシーン。

ここでは夫は誰かと一度寝たのみ。

そんなときは

「過去形」 "slept"を使う。

過去のある一点のみのときに使うのが

「過去形」

これは英語全般に対して共通。

 

 

・ずっと寝ている、寝ていたというとき

 →「進行形」

 

f:id:mameranpu:20180804102626p:plain

「ところで、ザゾとはどれくらい浮気してたの」

 

この場合は「過去にずっと〜していた」

ということを表す「過去進行形」

 

このシーンの前にザゾは亡くなっているので

過去の話になっている。

 

・「ザゾとはどれくらい浮気してるの」

 と現在のことを聞きたいなら

 "How long are you sleeping with Zaz?"

 と「現在進行形」にする。

 

 

4. 「セックスする(やる)」="bone"  "screw" 

  ★スラング

 

f:id:mameranpu:20180804102522p:plain

「残念ながら、ペトラは彼の親友と浮気していた(ヤッていた)」

 

日本語でも「やる」とか「やらない」とか

いう言葉とにたようなスラングが多々ある。

その中でもこのドラマでよく出る表現はこの

"screw"や"bone" という単語。

 

■bone【動】(ボーン)

 =「骨を抜く」

   骨抜きという言葉から発展したのか、

   bone(骨)=立っている男性のアレ

   という意味もあるため

 =「セックスする」

   というスラングとなっている。

 

■screw【動】(スクリュー)

 =「ねじで締める」

   ねじ込むいう言葉から発展したのか、

 =「セックスする」

   というスラング

 

ジェーンザバージンではザゾについて

 "screwing his wife" 

 「彼の妻と寝ている」

 と説明書きを書くシーンがある。

 

 

 

このように不倫や浮気も色々な表現がある。

でも上に挙げた1〜3の表現が多用されるので

まずはこの3つを覚えておくと良い。

 

3つのおさらい。

1. 不倫・浮気する(堅め)="have an affair with~"

2.不倫・浮気する(カジュアル)="cheat on~"

3.寝る="sleep with~"

 

 

あとはこれに肉付けしてドラマや映画を観て

色々なスラングや表現方法を徐々に覚える。

そうするとスムーズに物語がわかるようになるはず。

 

 

 

ということで、

今回は不倫と浮気にまつわる英語特集でした。

 

f:id:mameranpu:20180804130539p:plain

 

 

次回は、英語圏での概念が難しい

「付き合う」に関係する英語について

取り上げようと思う。