くらやみらんぷ

くらくなったららんぷを灯そう。

アスペルガー夫のふっかけ喧嘩

昨日のアスペ夫との喧嘩は

彼のある一言だった。

 

彼は仕事で2日後に、

総責任者を任されている

大イベントを控えていた。

 

昨日も帰って来たのは

夜12時を超え、

翌日も朝早くから出勤

しなければならなかった。

 

そんな

「緊張の糸がピンと張った」

状態の彼がいつもすることがある。

 

 

 

それは

 

私に喧嘩を売ることだ。

 

 

 

 

彼は気づいていないが

私はそのパターンに気づいている。

 

 

彼は仕事でストレスを溜め

家に帰ってくるときや、

緊張状態が続く時期は

必ず私に当たって来る。

そしてそれは無意識だ。

 

私に対し文句を付けれる

何か小さなことを探し文句を言ってくる。

 

 

私に喧嘩を売った今までの一言、

例を3つ挙げるとこんなかんじだ。

 

 

①洗濯してないの?

②友達が来たら

 もっと家が綺麗なのにね

③この辺りなんか臭いよ

 

 

これを読むと

たいそう汚い家かと思われそうだが、

断っておきたいのが

私の家は決して汚くない。

 

あくまでも普通の家程度

掃除洗濯をしこまめにゴミを捨て

綺麗に保っている。

 

そして彼は潔癖ではなく

自分のテリトリーは

決して綺麗に保っていない。

自分勝手な綺麗好きだ。

 

 

加えて

上記一言の真実はこうだ。

 

 

①洗濯してないの?

彼がこれを言った日は

彼がインフルエンザで

私が三日三晩看病をしてあげた

翌日だった。

彼は感謝の気持ちを伝える前に

この言葉を放った。

私は絶望でいっぱいだった。

 

私があなたに付きっきりで

看病した努力はなんだったんだ。

 

「どうしてそんなこと言うの」と聞いたら

彼はとどめを刺した。

「ここはあなたの家じゃん」

 

あなたもここに住んでるだろう。

一回死ね。

ひとでなしアスペ男め。

 

 

②友達が来たら

 もっと家が綺麗なのにね

家に友人が来る度に

私が家を一生懸命掃除するので

彼がこの言葉を繰り返した。

あまりにも毎日言うので

ある日私は発狂した。

 

言わなくていい言葉を

人が発狂するほど言い続ける。

言わなくていいことだと気づかない。

それがアスペ夫だ。

 

 

③この辺りなんか臭いよ

そもそもそんなこと言われても

私にはどうしようもない。

 

アスペルガーは感覚過敏だ。

手触り、肌触り、舌触り、

全てが敏感。

臭いにも敏感で

しょっちゅう家で

ここが臭い、あそこが臭い

と言ってくる。

 

犬かあなたしか

それは気づかないよ。

 

 

人間が住む程度では

まったく無臭なあたりで

クンクン臭いと訴えられ私は困っている。

 

 

 

そして

昨日私に喧嘩を売って来た

一言はこうだった。

 

 

彼が座る定位置の真横にある

小さなキャニスターの蓋。

そこを見て彼は一言。

 

 

 

「ほこりたまってるよ」

 

 

 

私は一瞬止まった。

 

 

「あなた、小姑ですか?」

 

 

普通の人はそんなこと言わない。

 

言うのは小姑だと決まっている。

 

嫌味な小姑が必ず言う定番フレーズだ。

 

小姑以外そんな言葉人に投げかけない。

 

 

しかし

それを私に言ってくるのは

まぎれもなく

目の前の私のアスペ夫だった。

 

 

アスペは

・言っていいこと

・あえて言わなくていいこと

・絶対言ってはいけないこと

 

これらの判断ができない。

 

頭に浮かんだことは

容赦なく口から発射する。

 

そして相手のムッとした顔や

傷ついた顔、

怒った顔、

困惑の顔、

どの顔を見ても

相手の気持ちがわからない。

 

 

彼の世界観では

真横をふと見ると

キャニスターの上にほこりがたまっていた。

 

なので

「ほこりがたまってるよ」と言ったまでだ。

 

でもアスペ以外の人間が

それを聞くと

「私への批判ですか」と感じる。

 

でも彼にはそれがわからない。

 

 

昨日も

彼の「ほこりたまってるよ」

という言葉に対し、

 

私は

「それを言う必要はどこにあるの?」

と聞いた。

 

彼は

「思ったことを口に出して何がわるいの?」

と不思議そうに答えた。

 

私は

「言っていいことと

 言わなくていいことがあるよ」

と言ってみたが、

彼にわかるはずはなかった。

 

 

 

ここは根気強く

彼に一つ一つ伝えていくしかない。

 

 

「ほこりたまってるよ」

という言葉は

言わなくていい言葉だよ、という風に。

 

子供が言葉を一つ一つ覚えるように、

アスペ夫に

この言葉はいい言葉だよ、

この言葉は悪い言葉だよ、

と教えていくしかない。

 

気の遠くなる作業。

 

なぜなら

アスペには想像力がないので、

発展した考え方ができない。

 

「ほこりたまってるよ」

という一言は

妻に言わないほうがいいと教わったから、

したがって

「冷蔵庫の取っ手が

ベタベタするよ」

と言わないほうがいいとは想像できない。

 

 

ベタベタしていたら

自分で拭こうとは思わない。

まず相手に伝えないと、

と思いすぐ伝えてくれる。

まるでそれが親切かのように。

 

人の批判に聞こえる言葉とは

微塵も思っていないのだ。

 

 

 

 

結論としては

アスペ夫の喧嘩には

まともに付き合ってはいけない。

 

 

私はうまくできていないが

現在訓練中である。

 

いかに彼のストレスからくる

私への攻撃をどうかわすか。

 

これが私にとっての課題。

 

この課題を乗り越えたら

一歩仏に近づけると思う。

 

目指せ、観音様。

 

 

f:id:mameranpu:20180801141128p:plain